腎移植ドナー体験

アクセスカウンタ

zoom RSS CTスキャン。

<<   作成日時 : 2005/04/18 20:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

水曜日の検査はCTスキャンから始まった。

もちろん初体験だ。私はCTスキャン室は完全に隔離された部屋になっていると思っていたがちょっと違っていた。

結構たくさんの検査技師の人がいて、CTに体が入れられている間も入れ替わり立ち代り部屋にやってきた。
CTの機械は人間の体一つが入るぐらいの筒状になったトンネルのようだ。

トンネルの入り口に光がぐるぐる回っている。

私のCT検査は造影剤を使用する検査だった。造影剤は腕から点滴のように体に注入される。
しかし、ゆっくり注入されるのではなくすごい勢いで体に入れられる。

造影剤が体に入ると、私は口の中にいやな味がした。うがい薬のようななんともいえない味だ。

同じように造影剤の検査をした兄は感じなかったといっていたので人によってコノ感じはあったり、なかったりするようだ。

もう一つ造影剤に関して私が感じたのは入れられた瞬間すごく顔がカッカすることと、液が体の中を移動していくのがわかることだ。

顔がカッカする状態は誰もがなるらしく最初に説明が技師の人からある。

「造影剤が入ります」といわれた瞬間すごく怖くなったのを覚えている。

しかし、造影剤注入時の針の痛みがあるだけでたいしたことはなかった。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
CTスキャン。 腎移植ドナー体験/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる