腎移植ドナー体験

アクセスカウンタ

zoom RSS インフォームド・コンセントその2

<<   作成日時 : 2005/03/12 00:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1

U先生は私たち一人ひとりの顔をみわたした。
そして、移植に関してまずドナーを決定することが一番先にすることだと説明した。

兄の血液型はO型。

父はB型。

母はB型。

奥さんはO型。

私はB型。

U先生は私たちの血液型を確かめると、私と奥さんの顔をみたように感じた。

「ご両親は血液型が違いますね。そうするとHLAの型が合うかどうかが問題になってきます
が、ご両親はほとんどの場合半分しかHLAの型があいません。」
と静かに言った。

HLAとは白血病などで有名ないわゆる骨髄の型のことである。
他人間では一時期、1万分の一の確立でしか合わないといわれたあれである・・・

「兄弟間では(私と兄)25%の確立で完全に一致するか、まったく一致しないか、75%の確立で半分一致するかです」と語った。

私は移植の話が出たときインターネットなどで少しばかりではあるが知識を入れていたので
やはりそうか、と思った。

U先生は
「私が”ドナーはあなたにします”
と決めることは出来ません。どうされますか?」と言って言葉を切った。

どうされますかと言われても・・・きっとこの場にいた全員が思ったに違いない。

皆、ドナーになってもいいと思ってこの場にきたのは間違いないけど、”私がやります”と手を気軽に
あげれる感じでもないのがこの場に流れていたからだ。

だれが言ったのかわすれてしまったが
「とにかく血液検査を全員お願いします」と先生に申し出た。

先生は両親はやらなくてもいいんじゃないかというような感じの説明をしたが、このときの父と母はとにかくできるものなら自分たちのどちらかがやるという気迫でいっぱいだったので、それを察したのだ
と思うが
「わかりました。全員、検査をしましょう」とU先生は言った。







テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「インフォームド・コンセントその2」について
「インフォームド・コンセントその2」について 私も似たような状況にいます。父への移植を誰がやるか・・・おばーちゃんは年齢で駄目なので、兄弟の誰かなのです。今日、話し合いをする予定。私から切り出すので、私もその覚悟で話をするんだけど、32歳、未婚の私には、移植に関して無知な部分が多いので不安も大きいです。検査をしないと誰があうかはわからないけど、私になる可能性がとても高い。移植後の生活は問題ないのかしら?半年は仕事ができなかったというWebページもみたし。ドナーの出産は問題ないのかしら? ... ...続きを見る
ka_tan22@WebryBlog
2005/03/15 16:37
「インフォームド・コンセントその2」について
「インフォームド・コンセントその2」について こんにちは どこまで不安を取り除いて差し上げることが出来るかわかりませんが、私にコメントを下さったことうれしく思います。 まず皆さんで血液検査を受けてから具体的にお話し合いをしてみては! 血液検査を受けてから話し合いをしても全然、遅くないですよ。 ドナーになる人レシピエントの人の状況で今後の予定が決まってきます。 ...続きを見る
腎移植ドナー体験@WebryBlog
2005/03/15 18:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
そうですね。昨日、兄弟の話し合いで皆検査を受けようという事になりました。まずはそれからですね。今日は、父が透析で11時ごろにしか家に戻らないので、明日、仕事が終わったら皆で集まって父へ、移植の話をしたいと思います。ちょっと頑固な父なので、話を切り出すのも長女の私としては、緊張するわ。ブログの続きが気になるので、覗きに行きます。
ka_tan22
2005/03/16 22:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
インフォームド・コンセントその2 腎移植ドナー体験/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる